FC2ブログ

大手アダルトサイト情報



カテゴリ


リンク

~体験談サイト~

レイプ・強姦体験談集
犯された濡れた体験談
エロ官能小説
抜ける体験談
エッチ体験談のブログ
エロ体験談
秘密の告白体験談
体験告白ベストセレクション
エロ体験談で抜けるコピペ
「エロな雑談・体験談掲示板」
大人のえっちな体験談&告白
体験告白官能小説
大人のブログランキング
レイプ・犯された本音の経験・体験談
エッチ体験談
抜ける!濡れる体験談
アダルト体験談これは必読
H体験談


~動画サイト~

抜き!抜ける!おすすめエロ動画
抜けまくり!濡れ濡れエロ動画!!
オススメ!厳選エロ動画
18禁エログで巨乳無料エロ動画を紹介
無修正
AV女優無料動画 av.ufoooo.com
エロメディア-X
セックス動画
無料エロ動画「Movie Dash」
無修正動画
セックス動画
無修正動画


~ランキング&リンク集~

アダルトポータルXAY
官能小説.com
エログランキング
アダルトサーチPB
アダルトブログランキング
アダルト体験談ランキング
アダルト検索-早抜きサーチ
アダルト・リンク・ランキング
アダルトブログランキング
人気アダルトサイトランキング
アダルトエンジェル
FC2ブログランキング
人気アダルトBLOG
アダルトブログランキング
アダルト専門 リンクアダルトサーチ
18禁萌えランキング集
アダルトナビゲーター
正しいH小説の薦め
アダルトトレイン
痴漢強姦鬼畜マニア

ピンッテックス



BlogPeople


ReviewMe


■ 他のサイト更新状況 ■

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

そしてまたしばらく経つと肩や腿が触れてきました。
席は空いてるのに、何か『いやだな~』と思っていました。
でも、またしばらく何もなかったので、『バスの揺れで触れてしまったのかな?』ぐらいにしか思っていました。

ところが、次の停留場で2人の乗客が降りてドアが閉まった途端に、その男の人手が私の膝の上に手を置いたんです。
そして、その手はだんだん私の太ももを撫でたり、触ったりして怪しい手つきになってきました。

でも私は初めての痴漢で怖かったのもあったし、バスの通路側に男の人が座っていたので出れませんでした。
私が下を向いて困っていると、その手がだんだんスカートの中へ入っていきました。

私はどうしていいかわからず緊張したまま身を凍らせていました。
でもその指使いはとても優しくて、パンティーの上から私のアソコをゆっくりと触ってきました。
そのソフトタッチが何とも言えず、不覚にも私はアソコを湿らせてしまいました。
サラリーマンは、私のパンティーが濡れてるのがわかったのか今度は、パンティーの端から指を入れてきました。
ピチャッピチョッとアソコが濡れている音がひそかに聞こえてきました。
自分でも恥ずかしくなりました。

そしてサラリーマンはアソコにゆっくり指を1本入れてきました。
ゆっくり入口付近を刺激されながら入ってきたので、私は『ンッァア…ハァハァ…』と息を荒くしてしまいました。
でも車のエンジン音で私の息遣いはかき消されていました。

そしてサラリーマンは指をもう1本入れてきて出し入れのスピードをどんどん上げました。
アソコの穴には中指&薬指、クリは親指で両方攻めてきたので私はどんどん感じてしまいました。
それと同時に、アソコからお汁がどんどん溢れ出てきます。
そして頭が真っ白になり『ァッ…ァッ…イクッ!』と初めてイッてしまいました。
何だか体に電流が流れたような感覚でした。

たまに自分でもクリトリスを触っちゃうことがありますが、実はまだ処女だったので指を入れられたのはちょっとショックだったけど、こんなに気持ちいいとは思いませんでした。
それから自分の停留場で降りて、足をガクガクさせながら何とか帰りました。


仕事はショップ店員です。
仕事柄、デニムなどのカジュアルな服装が多いので最近はめっきり少なくなりましたが高校時代、専門学校時代はよく痴漢にあいました。

痴漢にあったと話すと学校の友人などは、
「私は捕まえてつきだしたよ!」
などとよく自慢げに話していましたが、私はいつも痴漢にあうと、黙って触られているんです。

相手のことを考えると…って思ってかわいそうになる感情と、あとは「怖い」って気持ちの中に「いやらしいことをされている」っていうマゾ的な複雑な感情が入り混じってきて強く拒否できないんです。
学生時代、まだ処女だった私にはよくわからないことだったけれど、きっとこの当時の体験が今の性癖をあらわしてると思うんです。

男性の支配下で快楽を得るという性癖。
私は都内で一番混雑するといわれている電車で通学していたんですが、乗車する列で毎日のように私の後ろに並び、混雑するどさくさに紛れて私にぴったりと寄り添ってくる人がいたんです。

40代半ばくらいでしょうか?いわゆる普通のサラリーマンです。
私の真後ろで息を荒くして、自分の固くなったものを押し付けてきます。
最初のうちはスカートの上から軽く触る程度でしたが、私が抵抗しないとわかるとその人の行動は日に日にエスカレートしていきました。
真正面で向かい合って胸をなでるように触ってきたり、お尻を強く揉んだ…
その人を見つけて別の車両に乗ろうとしても追ってくるんです。

そしてある日、ついにその人の手が私のスカートの中に延びてきました。
怖くてそのときばかりは必死に抵抗したんです。
声は出しませんでしたが、スカートの中に延びてきた手を振り払おうとしたんです。

するとその人は、私が振り払おうとした手を握り返してきたんです。
満員電車でしかも男性の力、もう抵抗できませんでした。

しかも、私が今まで抵抗してこなかったのに初めて抵抗しようとしたしぐさを見せたことによってその痴漢は一層興奮したようでした。
息はいつもより荒くなり、私の耳から首筋にかけて熱い息が降りかかってきます。
私の右手首を握り締めたままもう片方の手で、太ももの間に手を延ばしそのまま下着の上からお尻の割れ目をなぞります。
男性にそのように触られたことがなかった私は、そのゾクゾクする感触がなんなのか、何をされているのかわかりませんでした。
くすぐったいような…気持ちいいような…

下着はみるみるいやららしい汁でぐっちょりになってるのがわかりました。
(その当時はなんでそうなるのかわかりませんでしたが…)
ただ満員電車だったため、私の感じるところをその痴漢もうまくつきとめられなかったらしくただやみくもに触れているようでした。

やがて目的地の駅に到着し、私は逃げるように降りていきました。
そのときはただ怖かったので人に話すことも出来ませんでした。

今、この当時のことを思い出すとちょっともったいないことしたかな…って思います(笑)
今の私がスカート姿で痴漢にあったら間違いなく足を広げてクリトリスをしっかり刺激してもらいます。
でもなかなかあわないもんですね。
胸元の開いた谷間がばっちり見える服で痴漢にあうのを待ってるのに…

この前お昼ごろに隣りに座ってるおじさんからスカートの中に手を入れられた。

高校入ってから一年以上
学校ある日もよく痴漢されてて
でも制服着てない時に痴漢されるの初めてでドキドキした。
しかも座ってて痴漢されるの初めて。

ジーンズのミニスカートだったけど、サイドのボタンを外されて手が入ってきて
太腿撫でられてゾクゾク感じたし、おじさん見たらいい感じだったから
触りやすいように自分でちょっと脚開いた
おじさんのジャケットが膝にかかってたから周りから見えないから大丈夫だった。
内腿撫でられて感じる~!だんだん手が奥に来るからドキドキ過ぎて目つぶった。
パンツの上からおまんこ弄られてマジ興奮。ツルツル擦られてムニムニ押されて
「濡れちゃう・・・」て思った。
うっとりして、もっと脚開いてしまいそうで、ヤバくって、手すりに顔隠して寝た振り。

さんざんおまんこムニムニされてから、Tバックの縁のフリル掴まれて、パンツずらされた。
パンツをおまんこから思いっきり脇に寄せられて、割れ目をヌルヌルされた。
直に触られた感触で、「ああ~~、やっぱり~、もー、ビショビショになってる~」て思った。
割れ目の外まで全部ヌルヌル。

割れ目の間を縦にヌルヌルされて、たまにすっごい敏感なとこかすって、腰ヒグヒグしそうでヤバかった。
思わずバッグをぎゅっと握りしめたし
指がおまんこの奥まで、ニュ~ル~~・・・挿入された気持ち良さで、力はいって爪先立ちになったりした。

おじさん、きっと、ウチみたいな若くてカワイイ女の子いたずらできるのとか、めったに無いんじゃない?
おじさんの興奮分かるくらいメチャクチャ懸命にかき回してくるから
こっちもメチャクチャ興奮だし、気持ち良いし、我を忘れるってゆーけどホントにそんな感じ。
気が付いたら環状線一周過ぎてて、でも全然、降りなきゃって気にならなくて
「まだ・・・もっと、このまま・・・」て思ってた。

たぶん、一時間半ぐらい以上ずっと触られてて
「はっ!?」て思ったら、おじさんから耳元で声掛けられてて
迷わず、「うん、一緒に行く」て言った。

ファミレスでご飯食べてから、おじさん張り切って高目のラブホ連れてってくれた。
家帰ったの終電ギリギリ深夜になっちゃった。

高校1年のときの話です。

 生理不順と冷え性がひどいので、お母さんにすすめられて針とマッサージを受けるため鍼灸院にかよっていました。

 また、身長が175センチもあるので、学校のイスが合わなかったり、バストがちょっと大きめだったりで、肩こり、腰痛もあり、私には鍼灸院はなくてはならないものでした。

 いまでも、このときのことを思い出してオナニーに燃えてしまいます。(笑)

 自宅を改良したおしゃれな鍼灸院で、30歳くらいで若いんですが、福山雅治に似た素敵な先生が一人でやっています。

 治療の時は、他の人も同じかどうか分かりませんが、パンツ一枚にタオルをかけて受けます。ブラもはずします。

 最初はちょー恥ずかしかったけど、気に入った先生だったので、5回目くらいからは、赤のチャックのかわいいパンツを履いていったり、最近は大事なところの毛が隠れるか隠れないか位の、すごい小さいショーツを履いていくようになってしまいました。

 先生は何事もないかのようにたんたんとマッサージをしますが、よく見ると視線は明らかにパンツに集中してます。

 そして、上下ぴちっとした白衣を見ていると、前をもっこりさせて大きくなっちゃってるのが分かります。

 先生が私のこと見て興奮しているのかなと思うと、こっちまで興奮しちゃうんです。

 夏休みのある日、治療に行ったときのことです。

 おっぱいだけをタオルで隠して、鍼をうった状態で下腹をマッサージしてもらいました。

 いつもよりも下の方まで手が伸びてきて、足の付け根のところを揉まれて、小さなパンツだし、感じる部分にとっても近いところをマッサージするので、すごく気持ちがよくなってしまった。声が出そうになるのを押し殺して、ごまかそうとして

 「先生、なんだか変な感じだよ・・・」

 って言ったら、

 「ホルモンのバランスにもとってもいいから、嫌じゃなければ、もうちょっと刺激してみようか?」

 って言ってきたので、私は「うん」ってうなずきました。

 先生は、そのままお腹を円を描くようにマッサージは続け、そのうち小指がパンツの上から触る感じで、円を描き出して・・・。

 すごく感じてきちゃって、もう、大事なところが熱くなってきました。

 先生は

 「じゃあ、ちょっと下着ずらすから、ちょっと腰をあげてね」って。

 すごいびびったけど、体はちゃんと腰をあげてました(笑)。

 毛が見えるまででパンツをずらして、毛の上からソフトタッチでマッサージがはじまりました。

 もう、すごいドキドキで、気持ちよくって、偶然みたいに小指がパンツの上からクリに当たります。

 顔が真っ赤になってるのが分かるし、体は気持ちよくておかしくなりそうだし、今までに経験ないくらいの変な気持ちです。

 先生は、「るみさんは、肩こりがひどくて、生理痛もあるでしょ。これもホルモンバランスの関係で、一番効くのはバストマッサージなんだけど、受けてみる?ちょっと恥ずかしいかもしれないけど、体が楽になるよ。」

 とまじめな顔で言いました。

 私は、もう頭真っ白で、先生にまかせたくなって、変な期待もなって黙ってうなずきました。

 先生が優しくタオルを外すと、恥ずかしくて目をつぶってしまった。

 でも、私の裸を見てる先生の反応も見たくて薄目をあけたら、先生は今までに見たことのないやらしい目でおっぱいを見つめてました。

 それに私の乳首も富士山のように立っちゃってた。

 先生はお腹にうった鍼を一つずつ外していきました。

 先生は、ラベンダーの香りのする体温と同じくらい温かいオイルをおっぱいに垂らして、両手で、優しく円を描くようにマッサージしてくれました。

 これが気持ちいいったらしょうがない、うっとりして、体の芯から熱くなってきました。

 お腹が時々キュルキュルって音がして、子宮が伸び縮みしている感じ。

 上半身全体をオイルまみれにされ、肩、おっぱい、お腹を繰り返し揉みます。

 すると先生は、優しい声で

 「だんだん気持ちよくなってきたでしょ。ホルモンバランスが変化してきているからだよ。その証拠に、女の人の大事なところ、膣から分泌液がいっぱい出てきてるね。」って。

 私は、ああ濡れてるのがパンツにシミが出来てばれてるんだと思い、もうどうなってもいいって思っちゃたった。

 先生は「せっかくのかわいい下着汚しちゃ大変だから、」とか言ってパンツを足首から抜いてしまいました。

 私にはもう何もかかってません。

 ま○こ見られているんだって思っただけで、中からドッロってお汁が出てきているのが自分でも分かるくらいでした。

 先生は、足にも温かいオイルをいっぱい垂らして、マッサージしてくれました。

 そして、手は次第に股間の方に上がってきました。

 このドキドキがもうたまらない。

 足の付け根をマッサージするとき、手の甲がクリトリスに明らかに当たってます。

 私も、ここで初めて「あ~ん・・・あ~ん」と自分でもびっくりするくらいの声を上げてしまいました。

 「嫌じゃなければ、もっと直接効くマッサージがあるんだけど、どうしょうか?やっってみる?」

 私は口から心臓が飛び出しそうでしたが、黙って頷いた。

 先生は、両足を持って広げて、大事なところにオイルを垂らしました。

 それだけで、いってしましそうでした。

 クリトリスの皮をちゃんと剥いて、オイルいっぱいの指で、触れるか触れないくらいの感じで、次はくいっとクリを押す感じで、繰り返し触ってきます。

 もう、どうして瑠美が気持ち良くなる所ややり方を知ってるんだろうこの人って思って、先生のことすごく好きになっちゃいそうでした。

 私は「いっ、あ、や、いっ、あ~ん・・・」みたいにバカ声を上げてしまい、自分の声に興奮するみたいな感じでした。

 先生はま○この中にも指を入れてきたり、お尻の穴もオイルの指で刺激したりして、もううまくてうまくて、感動もの。

 そんなことを繰り返されて、いっぱいいってしまいました。


 マッサージが終わった後は、やけに恥ずかしくって、先生と目を合わせることもできなかった。

 なんかすごく悪いことをしている感じで、落ち込みました。

 それ以来、その鍼灸院にも行けなくなってしまいました。

私は20才の短大生です。
今日、すごい痴漢に遭遇しました。
いつもは学校に午前10時頃に行くのですが、今日は学校に行く前に高校の
時の友達と朝食する約束をしてたので、午前7時半頃の電車に乗りました。
関西で痴漢の出没が多いと言われる『○阪環状線』です。
痴漢には気はつけていたんですが、やはりそうはいきませんでした。
私は、今日も天王寺駅からいつものとおり乗り込んだんですけど、さすがに
乗客が非常に多く、ホームから電車の入口、奥の方へと押し込まれました。
気がつくと身動きひとつ取れず、しかも運が悪い事にまわりは男性ばかり。
今日は友達と会うこともあり、膝上20センチのミニスカートだったんで、
何か嫌な予感がしてたんですが、予感が的中してしまって、スカートの後が
ズルズルと上に巻き上げられている気配を感じました。
すると次の瞬間、誰かの手が私のお尻をパンティーの上から触っています。
私はどうしたら良いのかわからず、じっと我慢してると次にパンティーまで
脱がされ、私のアソコを指で触ってきました。
あまりの衝撃に茫然として、何にも抵抗できずなすがまま状態でした。
そのうち周りにいる男性四人も触りだしてきて、ひとりは私のジャケットの
下からブラジャーの中に手を入れて生乳を揉んでるし、もうひとりは前から
アソコの中に指を奥まで入れてるし、もうひとりにはお尻を揉まれてるし、
こんな激しい痴漢にあったの今回が初めてで、
最初は緊張と不安とでどうしようって思ってたんですけど、私も凄く感じて
きちゃって久し振りに興奮してしまいました。
気が付くと、私の目の前の若くてハンサムな痴漢さんのアソコを、無意識に
触ってたぐらいでした。
われにかえって触ってた手を離そうとしんですが、その痴漢さんがズボンの
チャックを下げてアレを出してきて私の手をアレに握らせたんです。
私もこの状況で理性を失って『もうどうでもいいや!』って思ってたんで、
握ったアレをピストンさせて痴漢さんを気持ちよくさせてあげました。。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。