FC2ブログ

大手アダルトサイト情報



カテゴリ


リンク

~体験談サイト~

レイプ・強姦体験談集
犯された濡れた体験談
エロ官能小説
抜ける体験談
エッチ体験談のブログ
エロ体験談
秘密の告白体験談
体験告白ベストセレクション
エロ体験談で抜けるコピペ
「エロな雑談・体験談掲示板」
大人のえっちな体験談&告白
体験告白官能小説
大人のブログランキング
レイプ・犯された本音の経験・体験談
エッチ体験談
抜ける!濡れる体験談
アダルト体験談これは必読
H体験談


~動画サイト~

抜き!抜ける!おすすめエロ動画
抜けまくり!濡れ濡れエロ動画!!
オススメ!厳選エロ動画
18禁エログで巨乳無料エロ動画を紹介
無修正
AV女優無料動画 av.ufoooo.com
エロメディア-X
セックス動画
無料エロ動画「Movie Dash」
無修正動画
セックス動画
無修正動画


~ランキング&リンク集~

アダルトポータルXAY
官能小説.com
エログランキング
アダルトサーチPB
アダルトブログランキング
アダルト体験談ランキング
アダルト検索-早抜きサーチ
アダルト・リンク・ランキング
アダルトブログランキング
人気アダルトサイトランキング
アダルトエンジェル
FC2ブログランキング
人気アダルトBLOG
アダルトブログランキング
アダルト専門 リンクアダルトサーチ
18禁萌えランキング集
アダルトナビゲーター
正しいH小説の薦め
アダルトトレイン
痴漢強姦鬼畜マニア

ピンッテックス



BlogPeople


ReviewMe


■ 他のサイト更新状況 ■

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今は大学生で電車は使わなくなったのですが

小学校から高校まで、とある有名な私立のお嬢様学校と言われる

ところに通っていました。

なので、小学校から制服があったのですが

どうも小学校の制服が人気だったようで

小学校の時はよく痴漢にあってました。

でも慣れてたので、触られそうになったら睨むとか

足を踏むとか、ランドセルで左右に暴れるとか

いろいろしてのがれてました。

だから痴漢は別に怖くもなかったしまただとぐらいに思ってました。

本当にこんでる電車でほとんどの友達が1度はされてましたので、

私の学校では普通だと思っていました。

しかし、中学校になったとたん制服がかわいくないのか

急に痴漢はなくなりました。

そして友達どうしでも痴漢されたとか

そういった話はしなくなりました。

だんだんみんな大人になって痴漢されるってことの

気持ち悪さを覚えたからだと思います。

1人の子だけよく痴漢を捕まえては警察に連れて行ってて

そのたびに事情聴取とかで親に来てもらって

学校も来るのお昼からとかになってたのを見てたので

私達の中で、

痴漢は捕まえるとめんどくさいっていう認識がついてました。

だから痴漢されないようにするか

痴漢されても鞄とかで撃退するっていうのが普通でした。

だから、私はいつもそんなに混まない車両に乗って

鞄を前に持って守るか、

絶対痴漢しなさそうな人の近くに立つようにしてました。

これは長年の感といいますか

なんとなく痴漢しそうな人は顔でわかるようになってました。

自分が狙われたなって時もわかりました。

だからそんな時は離れるように奥の方に乗って

それでもがんばって近づいてきた時は

ひたすら睨んで、その人側に鞄を持っていました。

そんな痴漢にあわなくなった高校生の時。。。

学校に遅れそうになっていつもより1本遅い電車にのりました。

そして、階段から駆け込んだので

一番混んでる車両に乗ってしまいました。

そしたら、前に小柄な幼稚園の子供のいそうな

優しそうなお父さんって感じの人が前に立ってました。

なので、あぁよかったと安心して乗っていたのですが、

電車が揺れた時に

太股の付け根に違和感が。。。

あれ?

あの人傘持ってはったし、揺れてあたったのかと思い

思わず、謝ってしまいました。

そうすると・・・

その後もなぜかその手が動かない。。。

あれ???

動かせないのかなって深く考えてなかったのですが

だんだん、確実に触られてる感覚に。。。

傘を持ってたはずだから手の甲が当たってたはずなのに

気付いたら、指が当たってる。。。

でもそこは本当に混んでいて私も手一つ動かせない状況!!!

だんだん優しいてつきでなでられる太股。。。

そしてだんだんまくしあげられるスカート

素手で太股の付け根をなでられ続け

気付いたら、パンツが触られていました。

今まで痴漢なんかキモイって思ってたし

もちろんその時もどうやって辞めさせようか考えていました。

でも、その人の指が冷たくて

思わずドキッってしてしまい

いやだいやだと思いながら

なんかきもちよくなってきちゃってる自分が嫌になりながら

そのソフトタッチでパンツの上からクリを刺激されました。

その頃ちょうど、マンガで指でするってことを知ったばっかで

実はこっそり家で自分でオナニーしたことありました。

でもマンガみたいに何が気持ちいいのか分からなくて

オナニーの気持ち良さがわからないでいました。

そんな時にそのサラリーマンの手付きが

すごいソフトタッチなのにすごく私を刺激してきて

だんだん興奮してきちゃってる自分がいました。。。

やめてって思いながら

心のどこかで続けてって思っている自分。。

そんな自分が嫌で泣きそうになっていたのですが

確実に湿ってきている私のパンツ。。。

それに気付いたのかそのサラリーマンは

パンツの上から私の穴に指をぐっとつっこんできました。

そうやってクリと穴を触られ続け

私が下りないといけない駅に着いて急いで掛け降りました!!!

しかし、それは逃げたんではなく。。。

自分では逃げなきゃって思ったって言い聞かせながら

そのまま駅のトイレに駆け込みました。。。

案の定パンツはびしょびしょ。

でもその不完全燃焼が忘れられなくて

そこで自分の指でオナニーしました。

でもそのトイレは学校の最寄りの駅のトイレなので

同じ学校の生徒がトイレにいっぱい!!!

恥ずかしくて、トイレから誰もいなくなったのを確認して

トイレから出て

手をすーーーーーっごく洗って

顔の熱を冷まして学校にいきました。

自分で何やってんだって思いながら、あの痴漢さんは

ゴールドフィンガーの持ち主だったんじゃないかと思ってます。

そして、それが忘れられなくて

何度か遅い電車に乗ってあえて一番混んでる車両に乗ったのですが

あの痴漢さんに会えることは2度とありませんでした。

でも、かわりに別の痴漢にあったのですが

そのひとは多分私の隣に立っていた

別の学校の女子高生と私を2人同時に

触ってたんじゃないかと思います。

その人は後ろからいきなりパンツの中に手を入れてきて

うしろからなでられました。

けど、その人は本当に怖かったです。

隣の子に声かけて一緒に通報しようって持ち掛けようかと

何度も考えましたがその人の目も逝ってて

もうただただ怖くて何もできませんでした。。。

だから、やっぱり痴漢は気持ち悪くて怖いです。

でもそのゴールドフィンガーさんのことだけは

未だに忘れられません。

残念なことはいまでもまだ処女なので

あの時が1番気持ちよかったのは事実です。

私は22年の人生で2回レイプ、レイプまがいの事をされた経験があります。
こんなことを告白できるという事は 自分自身たぶんM体質なのでは・・・と思います(笑

最初の経験は 中学1年の時。友達数人で 大みそかに初詣に行った時の事です。
正午を過ぎるのを待つ初詣客で 境内は大変な混雑でした。私たちは 雑踏の中で
列に並んで待っていました。すると 私のうしろの人が 私のお尻をぐいぐい押しているのに
気が付きました。「。。なんだろう・・・押さないでよ・・」と思いましたが
ぎゅうぎゅう詰めの列だったので 半分は仕方ないなぁと思っていました。それから いきなり 
手のひらが 私のお尻を撫で始めました。びっくりしましたが 当然処女だった私は 
どうしていいか解らず じっとうつむいて身を固くしていました。そのうち その手は
スカートの中にゆっくり入ってきて パンツの上からお尻を撫でまわします。
「・・どうしよう・・どうしよう・・」と思うだけで どうする事もできません。
そしてとうとう手が パンツの上部から入ってきて じかにお尻を触り始めました。
私は涙が出て来て 足を堅く閉じていました。冷たい指が お尻の穴を撫で 
一回抜いた後 たぶん唾液を付けたのでしょう 今度はぬるぬるとした指を お尻の穴に
差し込んできました。痛いのと気持ち悪さで ヒザがガクガクしましたが 私は ただじっと
していました。子供で大人しかった私は されるがままでした。指は入れたり抜いたりを繰り返し
私はじっとうつむいていました。 そして 後ろから足が 私の足の間に割り込むように
入ってきました。 それと同時に 指が私のあそこを乱暴に触れました。
情けないことに 私のあそこは濡れていました。たぶん恐怖心と好奇心で じぶんで反応して
しまったのだと思います。指は しばらくの間 濡れた性器を遊ぶように撫でたあと
膣に入ってきました。痛いという感覚は無く むしろ中に入った指が動くうちに
半分気持ちいいという感覚になり その時には 私は身体をこわばらせるのやめていました。
されるがままに・・・たぶん 触らせていたんだと思います。それを察したように
指は あそことお尻の穴を行ったり来たりして 私はガクガク 身体を震わせていました。
初詣開始のアナウンスが流れ 雑踏が動きだすと同時に 乱暴な手は 私から離れていきました。
私は後ろを見る勇気もなく 友達の 「大丈夫??どうしたん??」という問いに
「ううん・・・大丈夫」と答えるのが精いっぱいでした。
家に帰った後 私の下着のあそこの部分が濡れて黄色くなっているのをみて 
初めて恐怖で 震えが止まらなくなったのを覚えています。

長くなってしまったので 続きは今度にしますね(笑

なんだか昨日の出来事を思い出すとなんだか変な気分になってきます。

普段はあまり電車に乗らないのですが、昨日から市内の予備校に通うために乗りました。

一緒に通う事になった同級生の男の子がいるのですがその子も一緒でした。

電車のドア付近に一緒に立っていたのですが、だんだん混んできてその子は私から少し離れたところに移動してしまいした。

気がつくと20代後半ぐらい?のサラリーマン風の男の人が背後に立っていて、手の甲で当たるか当たらないかというような触れ方をしてきました。

最初は混んでるからあたっちゃうのかな?と思っていたのですが、だんだんエスカレートしてきて太ももからおしりへ、

そしてパンツの中にまで入ってきました。

痴漢は前に2回あったことがあるのですが、少し体をよ
けるとやめてくれました。

でも昨日の人はやめることがなく、エスカレートしてきました。

最初はものすごく怖かったのと、同級生の子や周りの人にばれたくないとかあってどうしていいかわからず下を向いました。

なんだかやさしいタッチで下着の上から触られ、体を後ろから密着してきて、おしりの当たりに固いものを感じました。

男の人の体温が伝わってきて「もしかしてこれが~~」と考えているとなんだかとてもドキドキしてきて顔とあそこが熱くなってきました。

指がパンツの中にスーと入ってきたときには私はもうビチョビチョでした。

初めてのことで指で優しくいじられ、私はどんどん濡れていきました。

指があそこにるのがこんなに気持ちいいなんて初めて知りました。

目的地について他の人と駅にドッと押し出されたときは、ホッとした気分と、もう少し触ってほしかったような複雑な気分でした。

同級生の男の子は少し奥だったので待とうと思っていたら、その男性が声をかけてきて、

「今からどこいくの?」とか「食事に行かない?」と誘ってきました。

同級生の子が「おっさん何か用?」と声を掛けてくれたので、すぐに行ってしまいました。

でも今考えると、あのとき私一人だったらどうなってたんだろう?と変な妄想をしてしまいます。

でも私なんだかもう一度あんな風にきもちよくしてほしいと思ってしまうんです。



中1の頃から痴漢にあっています。 ほぼ毎日あっていました。 その中でも月曜日と木曜日にしてくる痴漢がいたんです。 ほかの痴漢はスカート越しにお尻を触ったりするだけなのですが、その痴漢は・・・・・・。 その痴漢も初めの頃はスカート越しだったんですけど、 だんだんエスカレートしていくようになって・・・・・・。 スカートの中にまで・・・・・。 そして・・・・・・。 はじめて遭ってから半年後ぐらいには、パンツの中にまで手を入れてくるようになりました。 はずかしい話ですが、処女だった癖にその頃はもう痴漢の指に感じさせられるようになってしまっていました。 それで・・・・・・・。 中2になってすぐに・・・・・・・。 促されるままに、一緒に電車を降り・・・・・・。 公園のトイレで・・・・・・・・・・。 その痴漢に処女を奪われました。 それから、何度か別の痴漢の人の男根にマキはつき抜かれています。 変ですか?


はいはい♪どうも!!再び痴漢侍です(笑)
急用も無事解決して時間が空きましたので、連投になりますが
昔の体験談をもう一つ出先から投稿させて頂きます

12年前のまだ暑さが残る九月半ば頃の日曜日でした
京阪特急でJD風の女の子を触りまくり、四条で降りた女の子に声掛けするもナンパに失敗
仕方なく河原町近辺をうろつきながら、某レコード店へ入り
掘り出し物のCDを探していると・・超ミニに美味しそうな生足の女の子を発見
あくまでもCDを買う振りをしながら女の子を見ていました
一見真面目で大人しそうに見えますが、その子が選んでいるCDは
モッズやクラッシュと言ったパンク系です・・・パンクロッカーの俺は違う意味で喜び
嬉しさのあまりついつい女の子に声を掛けてしまいました。

初めは驚いた様子でしたが、暫くすると彼女の方から
「ロックの人ですか?」質問をしてきたりして、その場で意気投合しましたので
とりあえず茶に誘い話を聞いてみると、なんとまだ中学二年生で
彼女も大阪市内へ帰るとの事です・・・四条河原町から特急に乗り込み
当然彼女を二人用シートの窓側に座らせ、さりげなく目隠し用ジャケットを
彼女の膝上へ掛けてやれば・・・不思議そうにしていましたが・・
ロック談義に乗ってきました・・・ロック談義と言っても彼女は
ついこないだギターを持ち始めた超初心者で、耳コピするコツ等を教えながら
俺の手は既にスラーと細長く綺麗で、とてもJCとは思えない色気の有る生腿を
ジワジワと撫でていました・・・触られている事は彼女も理解はしていて
困惑の表情のまま俺のロック講義を聞いています・・・・・
彼女の太腿はスベスベのツルツル・・・チンポをギンギンにさせながら
内腿へと手を忍ばせる俺・・・顔を赤くしながら両足をキュッと閉じ
両足をモジモジ動かしてソワソワし始めました・・・「ん?どうしたん?」と
わざとらしく訊ねて見れば・・「なんでも・・ないです」と小さな声で答えました。



そして俺の中指が彼女の生パンを捉え、パンティーの上からオメコをトン♪と
中指で叩いた瞬間・・・彼女の口から「アン!」とはっきりした声が漏れました
途端に火が出る程の勢いで真っ赤赤になり俯いた後・・蚊が鳴くような声で
「ねえお兄さん・・やめてよ・・」と囁きましたが、俺も意地悪く
「え?なんて?聞こえへんよ」と言いながらオメ筋を中指でスリスリしてやりました
もう完全に俯いて必死で股を閉じてはいますが・・パンティーはジワンジワンと
スケベ汁で濡れてきています・・・そして更にスリスリスリスリと続ければ
スケベ汁がジュワーンと溢れ出しているのがパンティーの上からでも確認できました
一旦手をスカートの中から抜き、ただただ俯いている彼女を肘で突付き
俺の湿った中指を見せてやりました・・・彼女は両手で口を押さえながら
真っ赤な顔を小さく横に振りましたが・・・その可愛くセクシーナ仕草に
俺の痴漢魂は更に燃え上がり・・・今度は両手をジャケット下に忍ばせ
両手で太腿を撫で回した後・・強引に足を開かせてやりました・・・・・
「や・・・やん・・」と囁いてはいますが・・言葉裏腹で開かせた足を閉じようともせず
俺にされるがままの状態です・・・当然俺の指はパンティーの中で生オメコ弄くりまくり
もうオメコは洪水状態・・なんてスケベな中学生なのでしょう・・・・・
案の定・・まだ処女のようで・・指入れを痛がっていましたが
第二関節の手前まで挿入し・・それ以上して、ここで泣かれても困るので
それ以上は挿入しませんでしたが・・彼女の肩を抱き寄せても抵抗せず
むしろ終点の梅田に着くまで俺の肩に凭れ掛かり、顔を埋めていました

こうなればもう・・こっちの思うがままでした
当然ラブホへ連れ込み、鏡張りの部屋で中二にしては立派に膨らんだオッパイを
俺の両手で揉みくちゃにされたり、ヤラシイ俺の口と舌でしゃぶられる様や
まだみかん未貫通のオメコをクンニされる様を鏡で見せながら、
俺のそそり立ったチンポをオメコにぶち込みタップリと中出ししてやりました!

その後は俺にぞっこん状態で、俺の性奴隷にしてやったのは言うまでもありません
まだ男を知らなかった割には淫乱な子でして、
小4の時から毎日毎日オナニーに励んでいたようです
女の子は男子よりも早く性に関心を持つものなのですね(笑)

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。