FC2ブログ

大手アダルトサイト情報



カテゴリ


リンク

~体験談サイト~

レイプ・強姦体験談集
犯された濡れた体験談
エロ官能小説
抜ける体験談
エッチ体験談のブログ
エロ体験談
秘密の告白体験談
体験告白ベストセレクション
エロ体験談で抜けるコピペ
「エロな雑談・体験談掲示板」
大人のえっちな体験談&告白
体験告白官能小説
大人のブログランキング
レイプ・犯された本音の経験・体験談
エッチ体験談
抜ける!濡れる体験談
アダルト体験談これは必読
H体験談


~動画サイト~

抜き!抜ける!おすすめエロ動画
抜けまくり!濡れ濡れエロ動画!!
オススメ!厳選エロ動画
18禁エログで巨乳無料エロ動画を紹介
無修正
AV女優無料動画 av.ufoooo.com
エロメディア-X
セックス動画
無料エロ動画「Movie Dash」
無修正動画
セックス動画
無修正動画


~ランキング&リンク集~

アダルトポータルXAY
官能小説.com
エログランキング
アダルトサーチPB
アダルトブログランキング
アダルト体験談ランキング
アダルト検索-早抜きサーチ
アダルト・リンク・ランキング
アダルトブログランキング
人気アダルトサイトランキング
アダルトエンジェル
FC2ブログランキング
人気アダルトBLOG
アダルトブログランキング
アダルト専門 リンクアダルトサーチ
18禁萌えランキング集
アダルトナビゲーター
正しいH小説の薦め
アダルトトレイン
痴漢強姦鬼畜マニア

ピンッテックス



BlogPeople


ReviewMe


■ 他のサイト更新状況 ■

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


私は昔からよく痴漢に遭います。
なぜよく痴漢に遭うかはっきりした原因はわかりませんが、友人が言うには背が低くて、大人しそうだかららしいのです。
さらに背が低くて体型も細めの割りにおっぱいが大きいから目立つらしいのです。
ちなみに私の身長は154㌢/48㌔でバストは88㌢のEです。

と言う訳で、薄着になるこの時期はまさに痴漢の季節。
本当にほぼ毎日電車の中でカラダのどこかを触られます。
私の勤務している会社は都心にあるので、いつも電車でかなりの満員になります。

実は今日も同じ車両に乗ったスーツの似合う男性が私の前の手摺りに捕まりながら立っていました。
その男性は車内が混み始めると、私の前にピッタリくっつくように寄り添ってきました。
そしてしばらくすると、私は胸に彼の手の感触を感じました。
すぐには痴漢行為とは判断し難いような触り方だったので少し様子をみることにしました。

でも電車が混んでいくにつれ、彼の手は次第にはっきりわかるように私の胸を触ってきました。
いいんです。触られても…。
実は私、痴漢されるの好きなんです。
でも、見るからに不潔だったり、見境なく乱暴に触ってくる人はNGですけど…。

今回の彼もスーツをきちんと着こなしているしちょっとタイプなので、胸を触ってきてもいいんです。
むしろタイプの男性には下着の中に手を入れられて、彼の指使いでイカされてしまいたいぐらいなんです。

その彼は車内の混み具合と電車の揺れに合わせて、はっきりと手のひらで胸を掴んで激しく揉んできました。
そして乳首を探り当てて、そこをねちっこく刺激してきました。
乳首が敏感な私はブラの中では乳首が痛いほど勃起していました。
そして、すでにこの時点で自分でもわかるくらい下着が濡れていました。

もう胸を揉まれるだけで、私はウズウズしながら彼がスカートの中に手を入れてくるのを待っていました。
しかし彼の手は下の方には伸びてきませんでした。

※痴漢体験談…もっと読みたい方はこちら→   
けっこうタイプだったのでちょっと残念に思ってたら、後ろから私のお尻の割れ目を触ってくる他の痴漢がいたんです。
ちょっと振り返ると、ちょっと小太りの背の低いニヤニヤした40歳半ばのおじさんと目が合いました。
もちろん全然私のタイプではありません。
私は胸を触っている彼に下の方も触ってくれるように、それとなく目で訴えたのですが、相変わらず私の大きな胸を揉んで楽しんでいるんです。
お尻を触っているおじさんは、大胆にスカートの中に手を入れてパンティー越しにお尻を触り始めました。
そして抵抗しない私を見て、さらに下着の中にも手を入れてきました。

どうせ痴漢してくるなら、胸を触っている彼にもこのくらいの大胆さが欲しいです。
お尻しか触っていないおじさんは私のあそこが濡れまくっているので喜んだようです。
後ろから私の腰に手を回して、すぐにあそこに指を入れてきました。

どうせ痴漢してくるなら、胸を触っている彼にもこのくらいの大胆さが欲しいです。
お尻しか触っていないおじさんは私のあそこが濡れまくっているので喜んだようです。
後ろから私の腰に手を回して、すぐにあそこに指を入れてきました。

かなり濡れているので、おじさんの指はすんなり私のあそこに入りました。
そして奥まで届いた指で掻き回されながら、胸は彼が揉んでいます。
私は感じすぎて胸を揉んでいる彼にもたれながら、お尻はおじさんの方に突き出していました。
おじさんの激しい指使いに声を押し殺しながら、私は腰を引くつかせながらすぐにイッてしまいました。
おじさんは私がイッてしまったのがわかったようで、ゆっくり指を抜いて何事もなかったように電車に揺られていました。

そして私の前に立っている彼は私がイッてしまっているのに、相変わらず胸を揉んでいました。
この彼にはもうちょっと勇気を出して欲しかったです。
考えようによっては、好みの男性を見ながら胸を揉まれ、後ろは指使いの上手い見えないおじさんにされるのもいいかもしれません。
また明日も痴漢に遭うと思います。明日はどんな痴漢に遭うか本当に楽しみです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://tikantaikendan224.blog136.fc2.com/tb.php/102-b24d7d17

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。