FC2ブログ

大手アダルトサイト情報



カテゴリ


リンク

~体験談サイト~

レイプ・強姦体験談集
犯された濡れた体験談
エロ官能小説
抜ける体験談
エッチ体験談のブログ
エロ体験談
秘密の告白体験談
体験告白ベストセレクション
エロ体験談で抜けるコピペ
「エロな雑談・体験談掲示板」
大人のえっちな体験談&告白
体験告白官能小説
大人のブログランキング
レイプ・犯された本音の経験・体験談
エッチ体験談
抜ける!濡れる体験談
アダルト体験談これは必読
H体験談


~動画サイト~

抜き!抜ける!おすすめエロ動画
抜けまくり!濡れ濡れエロ動画!!
オススメ!厳選エロ動画
18禁エログで巨乳無料エロ動画を紹介
無修正
AV女優無料動画 av.ufoooo.com
エロメディア-X
セックス動画
無料エロ動画「Movie Dash」
無修正動画
セックス動画
無修正動画


~ランキング&リンク集~

アダルトポータルXAY
官能小説.com
エログランキング
アダルトサーチPB
アダルトブログランキング
アダルト体験談ランキング
アダルト検索-早抜きサーチ
アダルト・リンク・ランキング
アダルトブログランキング
人気アダルトサイトランキング
アダルトエンジェル
FC2ブログランキング
人気アダルトBLOG
アダルトブログランキング
アダルト専門 リンクアダルトサーチ
18禁萌えランキング集
アダルトナビゲーター
正しいH小説の薦め
アダルトトレイン
痴漢強姦鬼畜マニア

ピンッテックス



BlogPeople


ReviewMe


■ 他のサイト更新状況 ■

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
はじめまして。26歳のともこです。先週初めて痴漢にあってしまいました。しかも一週間の内に何度も痴漢にあっちゃいました、というか意図的なのですが…

というのも、あたしの住んでいるところは結構田舎(西の方です)で、通勤ラッシュがなく会社にも車通勤をしてるので、今まで痴漢というものにあった事がありませんでした。

でも前から痴漢にはすっごく興味があって、ネットで掲示板を見たりしてました。(この掲示板も前々からチェックはしていました。)でもどうしても痴漢に会ってみたくて、友達の所に遊びに行くついでに東京で痴漢を体験する事に決めて、会社の有給をつかって東京に行ってきたんです。ちょうど昨日の夜に帰ってきました。


先週の日曜に上京して、日と月は友達がお休みでディズニーランドにいったり普通に東京観光をしました。(東京ははじめてだったので、完全におのぼりさんでした)火曜から友達は普通に仕事で、あたしは完全に自由行動だったので、さっそく、有名なあの満員電車に乗ってみることにしました。

友達を見送った後、この日のために準備していた服に着替えました。割と胸元の開いた白っぽいタンクトップと黒のジャケット、下は短めのスカートというあたしとしてはかなりがんばった感じでまとめて、駅に向かいました。

駅につくまではどきどきしていたのですが、東京の朝のラッシュをみて唖然。こんなに人がいたら痴漢さんもいっぱいいるだろうなぁ・・・と、人の多さに圧倒され、整列乗車というものもよくわからずしばらく立ち尽くしてしまいました。でもせっかく東京に来たのだからと思って、事前情報をもとに車両と車両の間の座席がないところの列にならんで、次の電車にのることにしました。

ホームに入ってきた電車に乗ってる人の多さを見て「ほんとに乗れるのかな?」とちょっと不安に思いました。でも扉が開くと同時に人がいっぱいおりて、その後の列の流れに押されて、半ば無理矢理電車にのせられる格好になってしまいました。

電車の中は、田舎者のあたしには信じられないくらいぎゅうぎゅう詰めになってて、(すみません、なんか田舎もん丸出しで、全然痴漢体験じゃなくなってます)汗)

全く身動きができないというのはこういうことなんだぁと、半ば関心していました。

幾つか駅に着くたびにごった返しになりながらも痴漢されやすいという隅っこの方になんとか移動することができました。

でもしばらくそれらしい事がなかったので、「服装が失敗したのかな?」とか「もっと露出度の高い方がよかったのかな?」と考えていた時、不意に来たんです。誰かの手らしいものが、ちょうどスカートの上からお尻を触っているような感覚でした。「これが痴漢かな」と思ってしばらくじっとしていると明らかにそれは人の手の甲で、その手が今度は手のひらで確実にあたしのお尻を触っているのです。

実際に痴漢されていることに気づいた瞬間、一瞬目眩のような感じになってしまいました。「こんな感覚なんだぁ」と初めての経験にしばらく呆然としてしまったのです。痴漢さんの手は徐々に大きくなでるようになり、時々下着のラインを確かめるような動きをしたり、太ももも触ったりしてきました。

「ほんとに痴漢されてるんだ・・・あたし」と思ってしばらくそのままにしていると、痴漢の手は腰を伝ってあたしのおなかあたりを触りながら、タンクトップの裾からキャミソールを捲って、おへそのあたりに手を延ばしてきました。その痴漢さんは周りにばれないように、時々おへその中に指を入れたりしてきました。おへそなんてあんまり意識してなかったので、くすぐったいような、気持ちいいような感じでした。

あたしがまったく抵抗しなかったからだと思うんですが、その痴漢さんは徐々に手を下の方に持っていって、スカートの上からちょうどあそこのあたりに手をのばしました。痴漢が初めてのあたしにとっては衝撃の出来事で、スカートの上からだったのですが、思わず体がビクっとなってしまいました。

それにびっくりしたのか一度痴漢さんは手を離したのですが、また腰の辺りから触りはじめ、やっぱりスカートの上からあそこを直接さわりはじめました。

スカートの上からゆっくり押し付けるようにあそこを刺激されるたびに、自分がびっくりするくらい濡れているのに気づきました。そのままその痴漢さんはエスカレートして、スカートの裾から中に手を入れて下着の上から直接触ってきました。

「下着を挟んで、知らない人の指があたしのあそこを直接触ってる。しかもこんな電車の中で・・」そう思うとより感じてきてしまい、その感覚は今までしてきたHよりも刺激的で、痴漢されたいと思っていたあたしの願望を満たすには十分すぎました。

多分痴漢さんにも、びっくりするくらいぐっしょりになっている下着の感覚はばれていたと思います。しばらくの間、あたしは痴漢さんの指の動きを下着ごしに感じ、その快感に体をゆだねていました。

次の駅に着くまで、クリの部分を指で転がしたり下着を食い込ませたりして痴漢さんはどんどん激しく触ってきました。あたしの快感は限界に達しようとしていて、これ以上激しくされると声がもれそうなくらい感じてしまっていました。今思えばすごくもったいない事をしたなーと思うのですが、そのときのあたしは恥ずかしくて次の駅で降りてしまったのです。

結局降りてしまって、どんな人が触っていたのかさえわからなかったのですが、初めての経験に呆然としてしまって、ホームのベンチで座ってぼうっとしてしまいました。時間にしては十数分の出来事だったのですが、あたしにとっては何十分も触られていたような感じがしてました。

ベンチにすわりながら、さっき自分に起こった出来事を思い出していると、どんどん体が熱くなって火照ってしまう感じがしました。「誰でもいいからもっと触ってほしい、もっと感じさせてほしい」と思いながらも、当然、そんなことができる訳でもなく・・・。結局その後、駅のトイレに入って声を押し殺してさっきの事を思い出しながら、一人でオナニーをしてしまいました。もちろん、そんなところでオナニーするなんて言う事も初めての経験です。

その日は一人でいろいろ買い物や観光をしてみたものの、朝の出来事が忘れられず、思い出すたびに体が熱くなってしまうような感じでした。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://tikantaikendan224.blog136.fc2.com/tb.php/12-291abf68

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。