FC2ブログ

大手アダルトサイト情報



カテゴリ


リンク

~体験談サイト~

レイプ・強姦体験談集
犯された濡れた体験談
エロ官能小説
抜ける体験談
エッチ体験談のブログ
エロ体験談
秘密の告白体験談
体験告白ベストセレクション
エロ体験談で抜けるコピペ
「エロな雑談・体験談掲示板」
大人のえっちな体験談&告白
体験告白官能小説
大人のブログランキング
レイプ・犯された本音の経験・体験談
エッチ体験談
抜ける!濡れる体験談
アダルト体験談これは必読
H体験談


~動画サイト~

抜き!抜ける!おすすめエロ動画
抜けまくり!濡れ濡れエロ動画!!
オススメ!厳選エロ動画
18禁エログで巨乳無料エロ動画を紹介
無修正
AV女優無料動画 av.ufoooo.com
エロメディア-X
セックス動画
無料エロ動画「Movie Dash」
無修正動画
セックス動画
無修正動画


~ランキング&リンク集~

アダルトポータルXAY
官能小説.com
エログランキング
アダルトサーチPB
アダルトブログランキング
アダルト体験談ランキング
アダルト検索-早抜きサーチ
アダルト・リンク・ランキング
アダルトブログランキング
人気アダルトサイトランキング
アダルトエンジェル
FC2ブログランキング
人気アダルトBLOG
アダルトブログランキング
アダルト専門 リンクアダルトサーチ
18禁萌えランキング集
アダルトナビゲーター
正しいH小説の薦め
アダルトトレイン
痴漢強姦鬼畜マニア

ピンッテックス



BlogPeople


ReviewMe


■ 他のサイト更新状況 ■

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

私は、27歳、OLをしています。
私もよく痴漢にあります。
でもこの前の痴漢はちょっとひどすぎました。

 その時も満員で、身動きが取れないくらい混んでいました。
時間は結構遅かったと思います。
私の回りは4~5人の、さも痴漢風といった男性に取り囲まれていました。
その時の私は、ミニタイト・ブラウス&ジャケットという恰好でした。
 電車が動き出すと後ろからお尻をさわさわ・・・
(あっ痴漢だ)と思いましたが、そのままじっとしていました。
だんだん大胆になってきて、ゆっくりとスカートが捲り上げられました。
私は、ストッキングだったので、すぐにパンティーをおろされて、直接手が
お尻を触ってきました。
(まずいなぁ・・・)と思っていると、左右の痴漢も私のジャケットの前を
はだけて、ブラウスの上から左右のオッパイを揉んできました。
ほとんど同時ぐらいに正面にいた人が私のあそこを触ってきました。
パンティーがおろされているので、直接あそこを触られました。
私はどうしてよいかわからず、じっとそのままにしていました。

回りの痴漢達は私が抵抗しないので、もっと大胆になっていきました。
囲まれているので周りからは見えない事をいいことに、ブラウスのボタンを
外してブラジャーもずりあげられて…直接オッパイを揉まれました。
当然、下半身も大胆に触ってきます。
すると正面の痴漢が
「感じてるんだろ…もっと感じさせてやるよ!」
と私にしか聞こえないくらいの小さな声で言いました。
その言葉が合図のように一斉に回りの痴漢達が大胆になりました。

正面の痴漢は私のあそこに直接指を入れてきました。
左右の痴漢はオッパイをはだけて胸を揉んできます。
後ろの痴漢はお尻を触っています。
いくら周りから見えないといっても大胆すぎます。
ほとんど半裸状態です。
多分この痴漢達は仲間だと思います。
チームワークが良かったもの。

そして私を少しずつ回転させて、順に私の体をいたずらしていきました。
ここまで来ると私はただ下を向いてじっと耐えていました。
時間にしては、そんなに長い時間ではありませんでしたが、こんなに大胆な
痴漢は初めてです。
恥ずかしい話ですが、左右からオッパイをおもれ、あそこに指を入れられて
感じてしまったのは事実です。
立っていられなくなり、痴漢にもたれかかっているのが精いっぱいでした。
駅に着くと乗客がおり、代わりの乗客が乗ってきて、また同様に痴漢されて
いました。
30分ぐらい痴漢されていて開放されました。
ホームに出ても立ってられず、しばらくその場にしゃがみこんでいました。
ようやく立ち上がれるようになって、ホームを歩いているととある女性に
「汚れていますよ」
と小さな声で言われました。
スカートを見ると、何個所も男の人のもので汚されていました。
「ありがとうございます。」
というとトイレに駆け込みました。
スカートにつけられたものをティッシュで拭き取りました。

家について服を脱いで気が付いたのですが、スカート以外に…股間・足など
あちこち男の人のもので汚されていました。
痴漢されている時はぜんぜん気づきませんでした。
そんな事さえ気づかないほど、感じていたんです。

コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://tikantaikendan224.blog136.fc2.com/tb.php/66-81f764a5

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。