FC2ブログ

大手アダルトサイト情報



カテゴリ


リンク

~体験談サイト~

レイプ・強姦体験談集
犯された濡れた体験談
エロ官能小説
抜ける体験談
エッチ体験談のブログ
エロ体験談
秘密の告白体験談
体験告白ベストセレクション
エロ体験談で抜けるコピペ
「エロな雑談・体験談掲示板」
大人のえっちな体験談&告白
体験告白官能小説
大人のブログランキング
レイプ・犯された本音の経験・体験談
エッチ体験談
抜ける!濡れる体験談
アダルト体験談これは必読
H体験談


~動画サイト~

抜き!抜ける!おすすめエロ動画
抜けまくり!濡れ濡れエロ動画!!
オススメ!厳選エロ動画
18禁エログで巨乳無料エロ動画を紹介
無修正
AV女優無料動画 av.ufoooo.com
エロメディア-X
セックス動画
無料エロ動画「Movie Dash」
無修正動画
セックス動画
無修正動画


~ランキング&リンク集~

アダルトポータルXAY
官能小説.com
エログランキング
アダルトサーチPB
アダルトブログランキング
アダルト体験談ランキング
アダルト検索-早抜きサーチ
アダルト・リンク・ランキング
アダルトブログランキング
人気アダルトサイトランキング
アダルトエンジェル
FC2ブログランキング
人気アダルトBLOG
アダルトブログランキング
アダルト専門 リンクアダルトサーチ
18禁萌えランキング集
アダルトナビゲーター
正しいH小説の薦め
アダルトトレイン
痴漢強姦鬼畜マニア

ピンッテックス



BlogPeople


ReviewMe


■ 他のサイト更新状況 ■

Powered By 画RSS
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

次は、同じ人に何度も繰り返し痴漢された経験の一つです。

同じ路線で毎日、十年以上も通っていれば、同じ男に痴漢されるのも、付け狙われて何度も続けて痴漢される事もありましたが、その中で、私が心を許した…というか、半分以上承知で痴漢された人の話です。

その人は当時の私からすれば、おじいさん…でしたが、多分四十台後半か、五十台後半だったと思います。
おじいちゃん子だった私は、年配の人に特別な嫌悪感はなく、痴漢は痴漢で一括りでした。
その人が他と違っていたのは、触るのは胸ばかりでした。

最初のきっかけは、今でも計画的なのか、偶然なのか判断つきません。
壁際に立っていた私が電車が大きく揺れて倒れそうになった時、私の斜め後ろにいた人が壁に手をついていた所に倒れかかって支えられる形になりました。

私の体重を受けて、まっすぐに伸ばしていた腕が曲がり、背後から私を抱き抱える形になりました。
私としては助けられた感じで感謝しつつ、後ろから抱えるようになった手が私の胸の位置だというのも、仕方ないと思っていました。

おじさんに押され、胸がおじさんの手の甲に押し付けられるのも仕方ない、電車の加減速で胸が左右にグリグリされるのも…
しかし、ある停車駅でおじさんが体勢を整えるのと同時に、手を返し、再び押されて胸が押し付けられた時には、手の甲ではなく、手の平に胸が押し付けられ、強く押されると共に、指が内側に曲がり、私の乳房を掴む形になりました。

この時に初めて疑問が頭を過ぎりました。
その疑問は、すぐに確信に変わりました。
おじさんの手が私のおっぱいを揉み始めたんです。

季節は初夏で、夏服に替わったばかりの時で、ブラとブラウスだけで、当時クラスで1番、学年でもトップスリーに入ると自負していた自慢の胸がおじさんに弄ばれました。
最初の印象が好意的だった為、この痴漢行為に対する反応をどうしたら良いのか分からなくなり、ぐずぐずしてるうちに、胸を揉む事は公認されたとばかりに大胆かつ強引さが増し、ブラウスのボタンを二つ程外されて、中にまで侵入してきて、ハーフカップブラだった為に、簡単に下に押し下げられて、乳房と乳首を弄ばれました。

侵入は強引でしたが、揉み方は優しく、電車の揺れに合わせながら、私の快感を高めていく感じでした。
胸に手を伸ばしてくる痴漢は少なく、その頃では皆無に近い経験だった為、妙に新鮮に感じたのを覚えています。
下に手を伸ばそうとする素振りは一切なく、ただ延々とおっぱいだけを弄び続けました。

そして、降り際に私の耳元で、
「若いのに良いおっぱいだ」
と囁いて、私の手に畳んだ五千円札を握らせて行きました。

※管理人の励みになりますので応援クリックお願いします(笑)→   
当時の私としては破格な金額でした。
援交や売春の相場など知らない時でしたが、漠然と、(Hして多分二,三万円だろうから、おっぱいを触られるだけで、五千円って、お得だよね)という意識でした。

欲しいCDや服など、少ないお小遣で我慢してた私には、ある意味有り難い臨時収入でした。
最初の好印象に、自慢の胸を褒められた事、優しい触り方に、胸だけ触る新鮮さ、そしてお小遣。
ただ強引に、無遠慮に、只で触っていく他の痴漢とは一線を画していたのは当然と言えば当然でした。

でも、翌日から痴漢にはちがいないおじさんの姿を自ら探してしまったのは、やっぱりお小遣の力が大きいのでしょうね。
言い訳する訳ではありませんが、いくらお小遣をくれても、どんな痴漢にも…という訳ではありません。

そのおじさんは、毎日いる訳ではなく、時間も曜日も不規則で、高校三年間で、見かけられたのは少なく、痴漢されたのは二,三十回程度でした。
見かけても、私の位置から離れていて痴漢されない事も多かったです。

私が見る限りでは、私以外の子に痴漢しているのは見た事がありません。
よほど上手く分からないように痴漢してるのか、たまたましてない時に見かけるのか分かりませんが、私としては
(私は特別なんだ。元々痴漢する人じゃなく、偶然私に痴漢し、私の胸が凄く気に入ったんだ)
と思う方が優越感に浸れると共に、自ら痴漢されたがってる自分に対する言い訳でもありました。

おじさんの姿を見かけると、私は近づくようにしましたし、おじさんも私に近づいてきてたんだと思ってます。
そして、側に着いた時は例外なく痴漢されました。
私が痴漢…それも胸を触りやすいように、おじさんに背を向け、立つ場所も壁際とかを選びましたから、おじさんにしてみれば、どうぞ触って下さいと言ってるようなものだったでしょう。
実際、そうなんですが…

おじさんは私に二,三十回痴漢しましたが、一度の例外もなく胸ばかり触り、降りる際にはお小遣をくれました。
たいていは五千円。
たまに条件が良くて、ブラウスから、おっぱいを掴み出され、剥き出しにされて弄ばれた時とかは、一万円をくれました。

痴漢が多くて有名な路線に十年以上通っていれば、多少の痴漢には慣れ、無視するようになりますが、時と場合と相手によっては、痴漢されて気持ち良い、痴漢されても良い、痴漢されたい、などと思えるようになったのは、おじさんのお陰だと思っています。

私も、おじさんが喜ぶかなと思い、揉まれて気持ち良いよとばかりに、おじさんにだけ分かるように、吐息を吐いたりとか、寄り掛かったりとかしてました。
胸が触りやすいフロントホック型や ハーフカップタイプのブラを多用するようになったのも、おじさんの為でした。

大学に入り、私服で通うようになってからも、私の事が認識できてて、数回痴漢されました。
大学入学後、最初の一回目の時は、
「入学おめでとう」
と言われて、二万円を手渡されました。

胸を触りやすい服を着るようになったのも、おじさんの為ですね。

しかし、大学の一年の夏休みを境に、おじさんの姿を見かける事はなくなってしまいました。
おじさんどうしているのか今でも気になります。

コメント

■ 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

■ 2Dよりも3D!

640l3961
2D(二次元)では物足りないあなたへ!
http://XJQf4pp3.3gds.net/XJQf4pp3/

■ 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

■この記事のトラックバックURL

⇒ http://tikantaikendan224.blog136.fc2.com/tb.php/87-974e61ae

この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

■この記事へのトラックバック

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。